SDM(人事管理システム)

HOME >  事業内容 >  ウェブ制作システム開発 >  SDM(人事管理システム)

人材情報のデータベースでスキルやマッチングを管理
雇用の多様化にしたがって、契約社員や派遣社員、アルバイトなど、さまざまな雇用形態の人材を活用することが企業の人事部門や管理部門の担当者に求められるようになりました。このときスタッフ個々のスキルを把握し、活動の全体像を掌握することが重要になります。

 

SDM(Staff Development Management System)は、主として派遣会社におけるスタッフのスキルや営業活動を管理して、効率化を図るために設計された人材活用支援パッケージシステムです。

 

 

スタッフの個人情報や連絡先などのプロフィール、学歴や賞罰の有無、実務実績、スキル(資格、語学力、OAソフトなどの経験など)、希望条件(職種、業種、勤務地など)といった情報をデータベースで管理。さらに営業活動および採用プロセス、マッチングの履歴などを、スタッフ、コーディネイター、管理者などの間でブラウザを通じて共有できます。

 

システムの利用者ごとにセキュリティ権限を分けることができるため、「個人情報保護法」に従いながら、すべての関係者が同じ情報を共有可能です。また、新入社員でも扱うことができる使いやすいインターフェースを採用しているため、導入にあたって特別な研修などは必要ありません。